放射線治療で治す癌【医師と一緒に癌を根治】

看護師

すい臓に発生するがん

女の人

すい臓がんは高齢者に多く発症する、すい臓に発生するがんのことです。発症数自体に変化はありませんが、中年以降の人口の増加に伴い、すい臓がんによる死亡者数は増加傾向にあります。すい臓は消化液や血糖調節ホルモンの分泌を行っているため、すい臓に異常が起こるとこれらの機能にも支障をきたすことになります。

Read

技術は進歩していく

女性

日常生活を続けられる

初期の癌や手術後に残った癌細胞をなくすために、放射線治療が行われることが多いです。放射線治療は、徐々に良くなっており現在ではできる限り精密に癌細胞だけを狙って放射線を当てています。昔であれば、正常な細胞までダメージを与えていた可能性は高いですが、現在では正常な細胞に影響を与えにくくなっています。一度では終わりませんので、何度か通院しなければいけませんが放射線治療を行うことで、癌細胞を減らして普段の生活を続けることができます。手術を行えば、臓器などがなくなることもありえますが、放射線治療ならば体の機能を残すことができますので、高齢者など様々な人が利用しやすいです。放射線治療による副作用もありますが、医師に確認をとりながら続ければ問題ないといえます。

これからも必要です

現在でも、癌の治療に使われる放射線は、種類が増えておりどこに放射線を当てるかによっても、使われる機器が変わることもあります。将来的には、より正確に癌細胞だけを減らして副作用が減っていく可能性が高いです。癌の早期発見が重要ということは変わりませんが、放射線治療が改善されていけば、手術を行う必要がなくなり生活状態を維持しやすくなるといえます。初期の癌だけではなく、進行した癌にも放射線治療が行われることもありえますが、まだ時間はかかります。現在でも様々な研究が行われているので、よりよい放射線治療が受けられる可能性があります。人によって、手段は変わりますので放射線治療が必要かどうかは、検査などを受けて医師に判断してもらうことです。

喫煙と関係の深いがん

	医者

肺がんは喫煙との関係が深く、患者の80%は喫煙者です。最初に見られる症状の多くは、長引く咳、血痰、声がかれるといった他の呼吸器疾患にも認められるものがほとんどです。中には症状が全くなく、胸部X線写真で発見される場合もあります。肺がんの治療は手術、化学療法、放射線療法を組み合わせておこなわれます。

Read